社会福祉法人 札幌緑花会

札幌地区 緑ヶ丘療育園

ホームへ戻る

緑ヶ丘療育園 ー お知らせ

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第12報)

2021-03-18

 本日札幌市保健所との協議の結果、緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染症クラスターが終息したと判断いたしましたのでご報告申し上げます。
 令和3年1月23日に新型コロナウイルス感染症が確認され、3階療育棟と1階療育棟を中心に利用者107名、職員54名、計161名が感染するクラスターとなりました。札幌市保健所新型コロナウイルス感染症対策室のスタッフのご指導、ご支援をいただきながら職員一丸となって終息に向けて取り組んでまいりましたが、その後の感染状況から札幌市保健所と協議した結果、令和3年3月18日をもってクラスターは終息となりました。
 今回の当園における新型コロナウイルス感染症クラスターにつきましては、利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを改めて心からお詫び申し上げます。また、クラスター中にお亡くなりになられた利用者のご冥福を職員一同心よりお祈り申し上げます。
 今後はさらなる感染防止対策の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。
 また、今後の事業再開につきましては札幌などの感染状況等をみながら、再開時期を検討いたします。
 なお、多くの施設から応援派遣をいただきましたこと、多くの皆様から心温まるご支援、励ましの言葉を賜りましたことに厚く御礼申し上げます。

令和3年3月18日  緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第11報)

2021-03-09

3月8日に2階療育棟の未感染利用者にPCR検査を行い、本日全員陰性であることを確認しました。また、園内ではその後新たな感染者はなく、現在までの感染者は利用者107名、職員54名の計161名と変わっていません。

すでに3階療育棟は3月2日をもって集団感染は終息となりました。2階療育棟は本日3月9日で終息となります。1階療育棟は新規感染者が出なければ3月18日をもって終息となる見込みです。

これからも気を引き締めて厳重な感染防止対策を継続してまいります。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年3月9日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第10報)

2021-03-02

3月1日に1階療育棟と2階療育棟の未感染利用者にPCR検査を行いました。1階療育棟は1名のみ陽性で、2階療育棟は全員陰性でした。また、1階療育棟の職員1名の感染が確認されました。施設全体の感染者は、利用者107名(1階52名、2階2名、3階53名)、職員54名(1階23名、2階0名、3階29名、他部署2名)、計161名ですが、3階療育棟、1階療育棟とも感染された大多数の利用者が回復されました。感染した職員も多数が回復して復帰しています。

3階療育棟はその後の感染状況から3月2日をもって集団感染は終息となります。今後も新規感染者が確認されなければ2階療育棟は3月9日、1階療育棟は3月18日に終息となる見込みですが、これからも気を引き締めて厳重な感染防止対策を継続してまいります。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年3月2日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第9報)

2021-02-23

2月22日に1階療育棟と2階療育棟の未感染利用者にPCR検査を行いました。新たに1階療育棟利用者1名、2階療育棟利用者1名が陽性でした。施設全体の感染者は利用者104名(1階49名、2階2名、3階53名)、職員53名(1階22名、2階0名、3階29名、他部署2名)、計157名となりました。なお、1階療育棟では感染された利用者49名中31名が回復され、3階療育棟では53名中39名が回復されています。また、感染から回復した職員32名が復帰しました。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年2月23日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第8報)

2021-02-19

2月16日に1階療育棟の未感染入所利用者14名にPCR検査を行ったところ6名が陽性と判明しました。1階療育棟の入所利用者の感染者が42名から48名と増加したため、施設全体の感染者は入所利用者102名、職員52名、計154名となっています。3階療育棟では感染された入所利用者53名のうち39名が回復され、感染した職員29名のうち15名が現場復帰しています。1階療育棟では感染された入所利用者48名中8名が回復され、感染した職員21名中7名が復帰しています。2階療育棟では最初に感染が確認された入所利用者1名以外に入所利用者に感染者はなく、職員にも感染者は確認されておりません。

現在の外部支援につきましては、北海道療育園から医師1名、看護師2名、支援職員2名、北海道立子ども総合医療・療育センターから医師1名、看護師1名、社会医療法人医翔会札幌白石記念病院から看護師2名、ジャパンハートから看護師2名、社会福祉法人北翔会から看護師3名、支援職員1名、社会福祉法人はるにれの里から看護師1名、同一法人大倉山学院から看護師2名、支援職員1名、同一法人松泉学院から支援職員2名、同一法人花園学院から支援職員1名が応援に来てくれています。また、20日からは医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院から看護師1名が応援に来てくださる予定です。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます

令和3年2月19日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第7報)

2021-02-16

2月15日に2階療育棟における入所利用者の感染状況を確認するため、2月8日に陽性と診断された1名を除く全入所利用者のPCR検査を行いましたが、全員陰性でした。また、2階療育棟の職員には感染者は確認されておりません。3階療育棟では入所利用者53名が感染されましたが、多数の方が感染から回復してきています。また、3階療育棟の職員の感染者は29名ですが、感染から回復して現場復帰できた方が13名になりました。1階療育棟の感染者は現時点で入所利用者42名、職員21名ですが、職員1名が感染から回復し現場復帰しました。なお、他部署職員の感染者が2名います。2月16日現在の施設全体の感染者は入所利用者96名、職員52名で、計148名となっています。新たな外部支援として、同一法人松泉学院から支援職員2名が応援に来てくださっています。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、連日ミーティングを行い職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年2月16日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第6報)

2021-02-13

2月13日現在の感染者は3階療育棟の入所利用者53名、職員28名、1階療育棟の入所利用者42名、職員17名、2階療育棟の入所利用者1名、職員0名、他部署の職員2名で、入所利用者96名、職員47名、計143名です。

新たな外部支援として、2月13日より特定非営利活動法人ジャパンハートから看護師1名、14日より社会福祉法人はるにれの里から看護師1名、15日より北海道立子ども総合医療・療育センターから医師1名と看護師1名、同一法人大倉山学院から看護師1名、16日より北海道療育園から新たに医師が前医との交代で来てくださる予定です。皆様、ありがとうございます。

利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、札幌市保健所札幌市新型コロナウイルス感染対策室の医師3名と感染管理認定看護師の指導のもと連日職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年2月13日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第5報)

2021-02-10

 2月10 日の時点での感染者情報です。3階療育棟は入所利用者46名、職員26名、1階療育棟は入所利用者41名、職員15名、2階療育棟は入所利用者1名、職員0名、他部署の職員2名が感染者で、これまでの当園の感染者は入所利用者88名、職員43名、計131名となりました。札幌市保健所スタッフの指導のもと全力で感染拡大防止対策に取り組んでおりますが、感染の勢いを止めることができず、利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
 その後の外部からの支援につきましては、2月8日より国立病院機構北海道医療センターから看護師1名、同一法人大倉山学院から支援職員1名、9日より同一法人花園学院から職員1名、10日より社会医療法人医仁会中村記念病院から看護師1名、KKR札幌医療センターから看護師1名が応援に来てくださっています。さらに、11日より医療法人社団研仁会北海道脳神経外科記念病院から看護師1名、社会医療法人医翔会白石記念病院から看護師2名(その後も含めて計5名)、14日より社会福祉法人はるにれの里から看護師1名、15日より北海道立子ども医療・療育センターから医師1名が応援に来てくださる予定です。皆様、誠にありがとうございます。
 連日対策会議を行い、職員一丸となって対処にあたっておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年2月10日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第4報)

2021-02-05

 2月3日の全職員に対するPCR検査で1階療育棟の職員2名が陽性と判明したため、2月4日に1階療育棟入所利用者全員のPCR検査を行いましたところ16名が陽性でした。現在発熱を認める方がおりますが、重症者はおりません。札幌市保健所スタッフの指導のもと、職員一丸となって感染対策に取り組んでいます。なお、3階療育棟の感染状況は昨日報告したとおりです。
 本日から社会福祉法人北翔会の看護師2名と支援職員1名、医療法人渓仁会手稲渓仁会病院の看護師1名、同一法人大倉山学院の看護師1名が応援に来ていただいています。また、明日2月6日からは北海道療育園の看護師2名と支援職員2名も応援に来てくださいます。さらに2月7日からは北海道療育園から医師1名が応援に来てくださることになりました。
 利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年2月5日 緑ヶ丘療育園 院長

緑ヶ丘療育園における新型コロナウイルス感染について(第3報)

2021-02-04

 2月4日の時点で3階療育棟の新型コロナウイルス感染者は入所利用者が46名、職員が19名となっています。入所利用者の感染者のうち1名が症状の悪化傾向を認めたため専門医療機関に転院となりましたが、他には重症者はおりません。また、昨日のPCR検査で1階療育棟の職員2名が陽性と判明したため本日1階療育棟入所利用者のPCR検査を行っています。
 なお、感染から回復した職員1名が3階療育棟に復帰しました。この後も順次職場復帰予定の職員がいます。
 また、国立病院機構北海道医療センター、北海道療育園、社会福祉法人北翔会、医療法人渓仁会手稲渓仁会病院、社会医療法人医翔会札幌白石記念病院、同一法人の大倉山学院などから応援に職員を派遣してくださることになりました。
 札幌市保健所スタッフの指導のもと、連日職員一丸となって感染拡大防止対策に取り組んでいます。
 利用者とそのご家族、職員とそのご家族、ならびに関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますが、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年2月4日 緑ヶ丘療育園 院長